読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近代化した民主主義へ

選挙、電子投票などについてを語り、政治の幼稚さをぼやきます。(笑)

ネット投票を導入したら政治が良くなるのか?悪くなるのか?

暑い…っと思ったら、夏の参院選も終盤でした。 気分が悪くならないように最低限の情報で極力ネットも見ないようにポーと自宅養生をしていましたが、公示日にフジテレビ系の「めざましテレビ」から、若者がネット投票を望んでいるようなので取り上げたいと、…

世界最古の投票を支える人為的な意識の壁

電子投票に携わった実話と、日本の投票にまつわる奇怪さを、厚切りジェイソンさんの芸風を少々真似させて頂き、分かり易く表現してみました。 (//△//) スベったらスルーして下さい。 改革には、立ちはだかる物理的な壁、制度的な壁、意識的な壁が有ると言わ…

世界に発信した法制化前の電子投票候補者確認画面です

にわかに衆参ダブル選挙が囁きはじめ、衆議院選挙の頻度が上がる傾向です。 しかし、日本の選挙制度は、国民に候補者情報を伝えることを制限しているから正確な評価も比較もできないので「誰がなっても同じ」とか「無責任に投票できない」など、前回は国民の…

新しい先進技術だから安全な訳ではない。諸外国のネット投票で問題が起こらないのは、信頼された第三者認証検査を実施しているからです。

先日、アラブ首長国連邦とオーストラリアのニューサウスウェールズ州で実施したネット投票の成功を、酒飲み友達のscytl社からメールで連絡がありました。scytl社(本社スペイン)はフランスをはじめ23カ国で導入され、未だに問題は報告されていません。 日本…

選挙プランナーという職業の程度

難しい問題を取り上げれば議論が紛糾するのは当たりまえのこと。 その中から洗練されて行くのが正しい歩み方なんですが、政治を取り巻く環境も含めて劣化している感じがします。 当然の事ですが、選挙の戦い方と投票結果によって政治家は良くも悪くも育ちま…

【六戸町電子投票実施回想録】 開票研修(2015年4月20日実施)

研修時間は、練習時間を含めても僅か20分! ワザと投票データを改ざんした記録媒体をまぎれ込ませて不正検知をした時の練習もしました。事前説明も無く、研修に参加された職員の方をドッキとさせて本当にごめんなさい。m(_ _)m... 午後からは期日前投票の研…

1994年のイタリア総選挙の時に撮影したポスター

1994年のイタリア総選挙の時に撮影したポスターです。 一瞬、壁の穴から美しい女性が自分に向かって微笑んでいると錯覚して「ドキッ!」としますね。張り出す場所を計算していたら凄いと思ったポスターです。 機械の写真は、イタリアで当時考案中の投票機で…

強い候補者の条件

これは、マニアに成る前の現役時代に手掛けた自慢の作品です。 1996年の小選挙区比例代表並立制を導入した初めての衆議院総選挙は、消費税の引き上げに対する国民の怒りを、どう受け止めるかが与党の課題でした。 投稿写真のポスターでは、他の与党議員が戦…

インド総選挙電子投票機「白票ボタン」

インドの2014年総選挙は、有権者総数は約8億1400万人、投票所は約93万カ所、電子投票機は140万台で、4月7日から5月12日まで9回に分けて投票が実施されている。 紙の投票と違い電子投票では白票が無いため、棄権したい有権者が選管職員に申し出る事を、…

電子投票を導入して下野した政権党の敗戦の弁

インドは、10年前の電子投票の導入によって投票の機会を拡大して、政権交代が可能になり経済も活性化しました。 国民の参政権を委ねられる仕組みづくりも、国防に匹敵する政府の重要な役目です。 10年前の電子投票を導入して下野した政権党の敗戦の弁「電子…

ネット投票のパイオニア企業

昨日、仏総選挙の在外投票などネット投票を供給している、公職選挙の世界最大のネット投票企業Scytl社(本社スペイン)の開発担当副社長達と意見交換をしました。 通訳を通して話すので時間が3時間近くかかりましたが、聞きたい話が机を挟んでいると分からな…

トリミングされているビジュアル的な報道

前回はビジュアルについて書きました。今回は、について投稿します。 特定秘密保護法で「国民の知る権利」が話題に成っています。 先日も静岡の弁護士が「国民の知る権利に重大な脅威を与え、憲法に違反する」として提訴しました。 しかし、「国民の知る権利…

理念が無ければネット投票は進まない

私は電子投票導入第三段階である『ネット投票』についても歓迎していますが、企業の新規参入がしやすいように『ネット投票』は開発しない事を公言しています。 これは、導入初期段階の手作業の一部の機械化と違い、有権者に全てを委ねる全自動的制度となるの…

投票という仕組み自体のセキュリティ(安全性と信頼性)の検証

日本が進まないのは技術力では無く、正しく変える勇気だろう。 電子投票に限らず、投票という仕組み自体のセキュリティ(安全性と信頼性)の検証をすれば、おのずと方向性が見えてくる。 Venezuela will elect 2,792 posts with e-voting

『電子投票は高額だから地方自治体が導入できない?』の反論

多くのメリットを挙げられながら、意図的なのか恣意的なのか『高額』と報道されています。しかし、日本の電子投票機は、全国普及を前提にした実験導入価格なので、先進国の実験導入単価よりも数分の一と安価です。 『なに』と比較して『高額』なのかが分りま…

日米の選挙文化の違い

写真は、新見市で日本初の電子投票を実施した翌年の2003年10月のカルフォニア州知事選挙で使用された電子投票機です。 応募してきたのは247人でしたが112名は書類不備で立候補できず、最終立候補者の135名が電子投票機で投票されました。 日本の電子投票慎重…

世界最先端を走りっていた日本の電子投票技術は、古い体質によって歩むことができない

沖縄サミットの投票所で電子投票をする首脳たち 20世紀のうちにEU議会や沖縄サミットで電子投票を発表して世界に電子投票(DRE)に火を付けたのは、我々日本なのはご存知だろうか。 そして、電子投票特例法ができてから12年を一度も問題を起こさず実施して…

ネット投票は、楽、簡単、便利ではない意外な事実。

日本は国民に最大の権利を安易に与えた事で、ネット上では勘違いをしている方が多く見かけます。 我が国でネット投票の導入がいつに成るか分かりませんが、世界で一番普及しているネット投票システムを参考に解説します。 ネット投票にたどり着くまでに、 1…

2012年米国大統領選挙。「電子投票の不正操作に懸念」について2

scan.netsecurity.ne.jp 問題の米国ES&S社は日本に進出しましたが、全て総合評価で我々が勝ちました。 ☆オハイオの投票機に「バックドア」との訴訟〜電子投票のセキュリティがまたも疑問視 | ScanNetSecurity http://t.co/Xfgf4FVl @ScanNetSecurityさんから…

2012年米国大統領選挙。「電子投票の不正操作に懸念」について

jp.techcrunch.com 激戦区オハイオ州の自動投票機に、共和党ジョン・ハステッド州務長官の指示によって密かにインストールされた新しい「実験的」ソフトウェアについて、選挙監視グループから回答を要求する不正投票訴訟が起こされた。ハステッド氏は単なる…

電子投票 トリビア

知ってる様で意外と知らない電子投票の世界をお伝えします。 原発問題と同じく、間違った公的情報が錯綜したのが電子投票なんです。 電子投票慎重派が「だと思う」と言った実態の無いものをマスメディアが拡散して、電子投票の勉強を始めた専門家が、いまあ…

機械を使えば「電子投票」?

民主主義途上国の日本国民は、諸外国の殆どが道具である投票方式に制限が無く、バリエーションごとに分類されていることを知らない。 政治家も、選挙の「制度」と「仕組み」の違いも理解できないから、国会でも味噌クソにして選挙改革が進まないのです。 16-…

知名度抜群でも本当は知らない電子投票

@S_Asuka_ 日本では平成19年以降は、電子投票関連のトラブル、不具合はありません 。 熱暴走したのは可児市のみです。 実施件数が少ないからでしょうか、成功例はニュースにならなくて残念です。— 宮川龍一郎 (@thisryu) 2012, 5月 30@S_Asuka_ いまは、特例法…