近代化した民主主義へ

選挙、電子投票などについてを語り、政治の幼稚さをぼやきます。(笑)

投票の近代化に貢献している青森県六戸町の電子投票実施

いよいよ2016年1月17日は、電子投票を実施している青森県六戸町の投票日です。諸外国では10年以上前から普及しているので、いまさら当たり前過ぎて、投稿をするのも恥ずかしいのですが、国内では実態と乖離して認識されているので、個人的に投稿を続けていま…

スタンフォード大学の「監獄実験」で感じる権力者の傲慢さが、IT社会で一番の脆弱なところ

スタンフォード大学の「監獄実験」を御存知でしょうか。 普通の人に、看守と囚人のという特殊な肩書きや地位を与えた心理学実験です。 管理側の看守役グループは非人道的に暴走し、それどころか実験の管理をした指導者も雰囲気に引き込まれ理性の歯止めが利…

投開票で不可解なものとは、システムではなく仕組みです

本日、電子投票を実施する六戸町の首長、議会補欠選挙の告示日を迎えましたが、立候補者受付も終了し、首長選挙が無投票となりました。 国内の電子投票実施において、二票選挙から単独選挙への変更も国内で初めてのケース(日本初)ですが、事前に準備するもの…

知恵の正しい使い方

近頃のニュースやネット情報で感じる事がありFacebookでシェアしました。 また、補足と言うべきか、頭の良いエリートの方々に読んで頂きたい話をついでに書きます。 法華経の開經偈(かいきょうげ)のくだりには「有智無智罪を滅し善を生ず」とあります。無…

選挙制度とは社会実態に合わせて考えるのが基本

フランスは、今年春の地方議会選挙で社会の実態と議会の男女比を一緒にする為に、男女のペアに対して投票するという制度で実施した。 また、昨年末の総選挙時に投稿しましたが、フランスの二回投票制が政治家側と国民が冷静に判断ができる良いシステムだと思…

電子投票の構想から現代まで

20年以上前の民間企業の研究会だった頃に、世界に先立て発表した電子投票構想です。今のマイナンバー(個人IDカード)で投票するシステムで、90年代後半にロシアで実証実験をしました。 私も若かった頃は、アラン・ケイの書籍を読んでアレコレと夢を描きまし…

ベールを脱いだ!電子投票実施の打ち合わせ風景! (至って普通です)

年明け早々に、六戸町で実施される電子投票の最終打ち合わせの風景です。 小さな自治体に大掛かりだとお笑いになられる方も居ると思いますが、我々にとっては800台近くの機器を投入した大規模な実施も、40台程度の村の実施でも行程は一緒です。全国一斉選挙…

世界に発信した法制化前の電子投票候補者確認画面です

にわかに衆参ダブル選挙が囁きはじめ、衆議院選挙の頻度が上がる傾向です。 しかし、日本の選挙制度は、国民に候補者情報を伝えることを制限しているから正確な評価も比較もできないので「誰がなっても同じ」とか「無責任に投票できない」など、前回は国民の…

昨年の総選挙を振り返り、現状をぼやいてみました。

国民の半数がシカトした国政選挙から、もう一年か〜 そして半年後に解散総選挙の風が吹いている。 常在戦場とは聞こえが良いが、日本の未来を腰を据えて考えられる環境とは思えない。 本来、民主主義 = 共生であって、選挙は手段でしかない。 形式だけの社会…

電子投票のウワサではない本当の話し

来月に六戸町で電子投票が実施される、投票所の機器のメンテナンスが来週から行われます。 今日の午後の会議で総ての打ち合わせが終了となる予定でしたが、週末の午前中に延期されました。いつもは、夕方の会議の後に飲みに行くという慣例でしたが、さすが師…

紙の投票と同じ運営を引き継いでいるから電子投票で票が合わない事故が起こりました。

二年前の投稿を見て、健気に一生懸命、説明しているな〜と感じています。 今は大雑把に根本的な日本の仕組みで説明しているつもりですが、日常的では無いものを伝える難しさを痛感しています。 ぶっちゃけた話し、簡単に目で確認ができる運用を、事故を起こ…

「木を見て森を見ず」

帰宅したら長女が可愛らしい服を着てたので写真を撮ってあげました。(◕̀◡◕́) リビングで写経をしていた次女が「お父さん!、それ、私の服!」と抗議をしたら、妻も「私の服も勝手に着られて戻ってこない。あまり長女をちやほやしないで!」と叱られた。エッ …

電子投票のキャリアは日本一

先月中は、ココが私の喫煙所でした。 来年1月に六戸町で実施する電子投票の打ち合わせで、けっこう通っていました。 初導入時からアウトソーシングのスキームが有り、部下や組合企業に任せて構築していたので、私は投票日近くに見学や作業体験で現地入りして…

電子投票が高額になる真相

世界で当たり前に使われている電子投票。 しかし、日本では危険とか高額とか言われて普及しませんが、六戸町は、選管が投票プログラム作成から全ての管理運営ができるから、1有権者当たり260円で、海外のネット投票よりも安価で実施しています。 電子投票で…

電子投票が日本では危険だとされた原因

なぜ、世界では当たり前に使われている電子投票が、日本では危険だとされているのか? その原因をご存知でしょうか。 海外ではプロセスを大事にしています。司法でもデュープロセス(適正手続)を重視していますが、特に日本の投開票では、この部分が欠落し…

一部の自治体でしか電子投票が実施できない理由

いまと違って以前の議員会館は、議員の部屋のドアが全開のところが多かった。そんな時代に電子投票の件で議員会館をウロウロと歩いていたら、議員室の応接テーブルで資料を広げていた森山真弓先生と目が合い、お茶に誘われました。 森山先生に電子投票につい…

回想録 古き良き時代

近年、電子投票が進まないのは「一社しかやりたがらないからだ」と国会議員たちに言われていたので、昨年までは興味を持ちそうな上場企業に声をかけていました。 やっとその気になって開発を始めた企業の紹介で、一緒に永田町へ行ったところ、自分は電子投票…

なかなか進まない日本の公共システムサービス。

いま、マイナンバー(ICT)がやっと国内で導入が開始されました。 我々は20年前、ロシア政府側の要望で、電子投票以外にも治安維持や不法入国の防止ができるように、警察や国境警備隊などにハンディー端末で情報照会も可能にしたロシア国民に持たせる個人情…

私と電子投票の歩みと今後の願いです。

政治意識の「気」というものを質量(数字)に換えて分析をした、草分け的存在が親父という家で私は育った。 そのせいか、物心がついた時は、もっとアバウトで様々なものに置き換えて考える子でした。だから、そのまま他人に話すと「良く分からない」とか「何…

御上のやることが正しいと傲慢にしている限り技術が有っても進まない電子投票。

献金が悪とか職業の選択の自由にイチャモンを付けられないように、諸外国と同じように公正性が担保できる「第三者認証検査機関」が必要ですね。 我が国に正しく評価ができる機関が無い事が諸悪の根源だと思う。 これで、システムや運用に欠陥が有れば政府へ…

「Q、民主党解党についてどう思いますか?」… 問題はそこではない。

11月13日金曜日の『モーニングCROSS』で番組中に実施する、みんなの意識調査の「Q、民主党解党についてどう思いますか?」の問いに〔解党すべき〕が1,491票で〔解党すべきでない〕の645票をダブルスコア以上の大差で上回っていた。( ̄。 ̄)…

不祥事が続くのは、政府が信頼される「第三者認証検査機関」を作らないからです。

十六 十七 十八と~私の人生 修行だったぁ~(藤圭子「夢は夜ひらく」風) という訳で、青春時代は僧侶の修行をしていました。 (写真は敬愛する恩師と卒業時に撮影) 中でも入山当初の45日間の指導期間では、起床から分刻みで休憩も無く、全ての勤めが終わ…

海外の政治・選挙ポスター

これまでのUpした海外ポスターは、1960年代から大きな選挙の度に親父が現場に行って取材をしながら収集したものです。私が集めたポスターでUpしたのは1枚だけです。 人が編集した情報だと本質が見えないという感じる力と、トリミングしていない真実が見たい…

国内の電子投票実施記録

電子投票実施「及び故障/障害」記録導入開始初期/「検査制」不備 実施自治体 選挙の 種類 投票所数 調達数 有権者数 投票率 入札 社数 受注社 電子投票機の故障/障害&開票・集計時間 投票日 (特記) 期日前 投票所数 使用数 投票者数 日本初電子投票 岡山県…

青春が刻まれた書籍

戦前の選挙データはGHQが本国へ持ち帰り、そのデータの研究を継続していたハワイ大学と、戦後の選挙データを分析していた㈱政治広報センターが共同で作成したデータを、日本議会政治100周年の時に書籍にした「歴代国会議員経歴要覧」です。 戦後から10年間に…

ドイツの政治・選挙ポスター

私蔵コレクションを撮影したドイツの政治・選挙ポスターです。 ドイツと日本は共通点が多い。しかし、民衆に問いかける政治ポスターのセンスは大きく違う。そこが、敗戦から壁が取れて民主国家として自立ができたドイツと、未だに見えない鎖(日米地位協定)…

新しい先進技術だから安全な訳ではない。諸外国のネット投票で問題が起こらないのは、信頼された第三者認証検査を実施しているからです。

先日、アラブ首長国連邦とオーストラリアのニューサウスウェールズ州で実施したネット投票の成功を、酒飲み友達のscytl社からメールで連絡がありました。scytl社(本社スペイン)はフランスをはじめ23カ国で導入され、未だに問題は報告されていません。 日本…

アート的な政治・選挙ポスター

私蔵コレクションを撮影したアート感抜群の海外の政治・選挙ポスターです。額に入れて室内に飾っても映え、飽きないと思います。先入観を与えないように、あえてコメントは控えました。素直に感じて興味があれば翻訳などをして、当時の時代背景、政治情勢な…

「気をつけよう甘いフレーズと危機感を煽る暗い話」

加盟している東京都中小企業団体中央会から毎月送られている『中小企業だより』の2015年10月号です。 我が国421万企業のうち0.3%の大企業の内部留保が過去最高の285兆円で快晴ですが、99.7%を占める中小企業の雨の心配が続いています。この雑誌は各業界の悲…

フランスの政治・選挙ポスター

私蔵コレクションを撮影したフランスの政治・選挙ポスターです。 先入観を与えないように、あえてコメントは控えましたがヨーロッパはアートセンスが高くなります。素直に感じて興味があれば翻訳などをして、当時の時代背景、政治情勢などを調べて日本と比較…

イタリアの政治・選挙ポスター

私蔵コレクションを撮影したイタリアの政治・選挙ポスターです。 先入観を与えないように、あえてコメントは控えましたがヨーロッパはアートセンスが高くなります。素直に感じて興味があれば翻訳などをして、当時の時代背景、政治情勢などを調べて日本と比較…

イギリスの政治・選挙ポスター

私蔵コレクションを撮影したイギリスの政治・選挙ポスターです。 先入観を与えないように、あえてコメントは控えましたがヨーロッパはアートセンスが高くなります。素直に感じて興味があれば翻訳などをして、当時の時代背景、政治情勢などを調べて日本と比較…

米大統領選挙ポスター

私蔵コレクションを撮影したアメリカの政治・選挙ポスターです。 先入観を与えないように、あえてコメントは控えましたがヨーロッパはアートセンスが高くなります。素直に感じて興味があれば翻訳などをして、当時の時代背景、政治情勢などを調べて日本と比較…

MacにBoot Campを使ってWindows7をインストールした時の苦労話し

私のMacにBoot Campを使ってWindows7をインストールした復旧作業の苦労話しです。 前回投稿の困った不思議な現象を心機一転させる為に、基本のMac自体も初期化しました。 今回のネットで管理されているMicrosoft IDが一つの端末で不具合が発生すると全ての…

MicrosoftのOneDriveで困った話し

久々の投稿です。 8月から時よりメールが届かないという指摘を受けていました。PCの管理には自信がありましたが先月末に、ゴミ箱を空にした時に「ずいぶんと入っているな~」と消去途中でキャンセルしてゴミ箱の中を覗くと、ブログやSNSで使う資料などを収…

反EU政党リベルタス(Libertas)の政治・選挙ポスター

リベルタス(LIBERTAS) 2009年欧州議会議員選挙 (フランス) - Wikipedia

東京五輪エンブレムを作ってみた

先ほど私も昼飯前で、東京五輪エンブレムを作ってみました。 白紙が好きな国民性と諸外国から見た東京五輪をイメージして、著作権など争うことを最大限回避して、楽しそうな感じに仕上げてみました。 もし、採用されて莫大な報酬と名声を得た時点で『濡れ手…

安保法案についてぼやいてみました。

平和憲法と言われている日本国憲法が有りながら、韓国の李承晩大統領が竹島を占拠しました。憲法は国内の権力者が対象なので、他国の権力者は関係ないから当たり前です。だから、情勢に合った対策は必要です。 しかし、国民の生命、財産に関わる問題を、当事…

「空気を読む」ことは正しいのか?

我が国では「空気を読む」ことが美徳のように扱われている。そして、私は「空気が読めない奴!」と思われながらも先月で51歳を迎えました。(笑) べつに「読めない」のではなく、場の状況を敏感に察していますが、確認もせずに読む(合わせる)事をしないだ…

オリンピックマークのパクリ疑惑で感じた「本田さんの豹変現象」

普段おとなしい人がクルマのハンドルを握ると、人が変わったように運転をする豹変現象があります。極端な例ですが、長編漫画の『こち亀』の本田さんみたいにバイクのハンドルを握ると顔つきから態度や言葉使いまで別人になりますが、ネットの投稿を拝見して…

選挙プランナーという職業の程度 パート2

先週、選挙プランナーの三浦博史さん個人のFacebookと『一般社団法人 日本選挙キャンペーン協会』が同じ内容で電子投票批判が掲載されたことの反証を投稿しましたがブログにも掲載されていました。いったいドンだけ有るのかな?(*゚△゚)ウッ!! 選挙プランナー 三…

政治や学問は技術論ばかりで踏み出せない。それは人として大事な配慮が無いからですよ。

電子投票と言えば、猫も杓子も必ず「民主主義」だの「国民」などを枕詞に付けてデバイスや電子的システムの機能だけの話になり、肝心の「人」が存在していません。 前回の「なぜ、我々が提供した電子投票システムだけが、訴訟どころか異議申し立ても受けない…

選挙プランナーという職業の程度

難しい問題を取り上げれば議論が紛糾するのは当たりまえのこと。 その中から洗練されて行くのが正しい歩み方なんですが、政治を取り巻く環境も含めて劣化している感じがします。 当然の事ですが、選挙の戦い方と投票結果によって政治家は良くも悪くも育ちま…

今回の安保法案で浮かんだ思い出を書いてみました

どてらを着た若き頃の私の写真は、親父殿の釣り友達のウィリアム・コルビー氏(ニクソン大統領を失脚させたウォーターゲート事件当時のCIA長官)と自宅マンション前で撮影したものです。 当時は今以上に天真爛漫な恐れを知らない中学生だったので、親父殿で…

妬まれ叩かれ否定され。 がんばれオレ!

うちの組織もこんな感じですね。 成果主義ですから毎年の定期総会で役員報酬が決定されるが、発足から14年間一度も役員報酬はもらっていない。(泣) それなのに利権と政治家に叩かれている不思議な仕事をしています。 もちろん、開発・研究費も自腹です。(…

【世論調査3】 分析について

前回の世論調査の続きで、分析について体験談を書きます。 1991年の東京都知事選挙は、現職の多選・高齢・箱物批判で新人を擁立した自民党本部と、現職についた東京都連の分裂選挙でした。自民党本部は、公明党、民社党と相乗りで、分の悪い東京都連がクライ…

【世論調査2】日本初(世界初かも)の世論調査機です

写真は前回に投稿した都知事選挙で威力を発揮した、日本初(世界初かも)の世論調査機です。 四半世紀前のDOS OSの時代に、素材のデータの精度を高める為にシステムを開発した調査機です。設計者は私ですが、作業フォロー以外に「こういう事はできないか?」…

【世論調査1】

英国総選挙や大阪都構想の賛否を問う住民投票にしても、近頃の世論調査は結果と異なり、精度の信憑性が問われています。なぜ、投票率が下がり世論調査も投票結果と違う傾向があるのか? 若い頃に社会実態と限りなく数字を近づけるべく試行錯誤をした、私なり…

自治体フェアの自治体カンファレンス・セミナー「トップが語る自治体経営」を六戸町長が語る

自治体フェアの自治体カンファレンス・セミナー「トップが語る自治体経営」 六戸町 電子投票実施自治体 電子投票導

【六戸町滞在日記】 ミッション終了(2015年4月29日)

青森から午前5時00分ごろ、視察に来られたうちの理事の自宅がある横須賀に到着。 山口百恵の横須賀ストーリーの話題が出て、『急な坂道 駆けのぼったら いまも海が みえるでしょうか ここは横須賀』を検証する事になりました。(笑) 写真はモデルとなった…