近代化した民主主義へ

選挙、電子投票などについてを語り、政治の幼稚さをぼやきます。(笑)

政治に必要なのは現状を感じる洞察力と未来を描く想像力

 宮川竜一を名乗っていた30代の頃に、男性向けファッション雑誌『GQ JAPAN』の取材を受けたら、私のビジュアルについてではなく、選挙の事だったので本気でガッカリした時の記事です。(小笑)

(質問されたコメントだけなので、掲載されているポスターは私とは関係ありません)

f:id:thisryu:20160328015318j:plain f:id:thisryu:20160328015319j:plain

f:id:thisryu:20160328015320j:plain f:id:thisryu:20160328015321j:plain

 そして、偉そうにブチかましていますが、殆どは親父殿の受け売りです。(笑)
 しかし、目的や考え方が同じでも、想像、洞察力が異なるのでカタチにした時は親父殿と衝突する事があります。
(*゚△゚)ウッ!!

 親子でコレですから、視点が異なる国民への方針や公約の説明は丁寧で無ければなりませんが、残念な事に国民へ伝える事を地球上で最も制限をされている日本の選挙法ですから、悲しい事にイメージと単純なお題目でアピールをし、顔と名前を覚えて貰うのが最優先となります。
 理想は、正確に情勢を掴んで的確な分析と想像力で、候補者の胸につかえている未来への想いを表現することかな。それが運動員にも活動し易い環境になります。
 こうした分析力と想像力の違いが勝敗を分けますが、何事にも感じて描ける能力が大切です。

 例として選挙とは別の案件ですが、日米の貿易摩擦でもめた時に、政府は公的な立場では動けないので特命を受けて隠密的に米国側の調査を行った。(もう総ての関係者が引退しているので時効かな)
 
 その時に米国の要求を受け入れても日本の発展した未来を描き報告したのが、今の無線通信インフラの先駆けとなったポケベルでした。発展のきっかけを創りましたが、いきなり古い体質を変える事は難しく、その後にガラパゴス化はしましたけど、国内世論の活字だけで判断していたら大きな確執と進化への壁が出来ていたと思います。
 感じる能力が有れば、情報も後ろ盾も無い中でキーマンを見つけ、真実を掴み未来を見つめる事もでき、さらに当事者では無いので間接的に真意も聞き出せ、こちら側の意見も言える必要な役だと思います。
 これからはもっと必要となるので、人材が育って欲しいと願いますが、戦略と計略の区別ができずに公に携わると歪んだ結果を生むので、自らを戒めて人の為に貢献できる醍醐味を味わって頂きたい。
 話を戻しますが、良識が欠落するとアピールと洗脳の区別が無くなり、過激さが増す傾向があります。しかも、そのような事態になった時に洗練される時間が乏しい日本の選挙では、瞬間風速で決まるので回避する事は困難です。
 だから技術革新と共に正しい仕組み(制度)の見直しを怠ると、権力は本能的に都合の良い環境を築くのは当然だと思う。
 しかも、想定していた二大政党制が破綻し制度的にも危険な状態なので、心理的に権力者が過激で理不尽なほど、おこぼれを欲しがる者や畏怖を抱いてすり寄りカリスマ性が高まります。これは、歴史が証明していますが、調和を失った社会にハッピーエンドはありません。

 海外の宗教を愚弄するつもりはありませんが、極論は人を魅了する例として、世界を創造した神様の比較対象として抵抗勢力の悪魔が存在し、さらに煽るように善と悪の最終戦争まで用意されている。
(私が引退してから国内でも耳にする手法です)

 人々を統率する手段が平和につながると描いたのかも知れませんが、正義の名の下に結成された十字軍の殺戮と侵略略奪行為が、今でも紛争の原因となっている。

 それに比べて、日本の神々が穏やかで良かったと思う。しかも、八百万神だから独裁ではありません。(笑)

 昨年に実施されたフランスの地域圏議会選挙でも、パリの同時多発テロの怒りの瞬間風速でナショナリズムが働き、一度目の投票では反EUと移民排斥を掲げている極右勢力が優勢でしたが、この結果に危機感を覚えた政治家と国民が冷静に考え、二回投票制のおかげで回避できました。
 やはり、共生の為に主権者の合意でバランスを保つ民主主義には、数の暴力で排除をする事はそぐわないと言うことでしょう。
 それに、度を越した輩と無策で張り合うから調和が崩れ、殺伐とした環境が生まれているように思えます。
 日本にもフランスのように民主主義のセーフティネットが欲しいですね。

 軽く書いたつもりでしたが、盛り込みすぎました。
 σ)>ω<*)テヘ

 次回は、改革への壁になっているカラクリについて書いてみます。

 追伸
 民進党の場合は、大袈裟に騒いでも嫌われている理由と向き合わない限り、嫌っている国民の耳には雑音にしか聞こえないでしょう。

 個人的なお願いとしては、せっかく政党の人格が変わったのだから消費税の三党合意を破棄して、新たなビジョンを掲げてくれると嬉しいかな。デタラメなイメージを払拭する気が無いのなら、そのまま突っ走った方がわかり易いし分裂した原因なんだから再合流の筋が通り、今の状況下では歓迎もされ、社会実態にも適した判断だと思う。

広告を非表示にする