読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近代化した民主主義へ

選挙、電子投票などについてを語り、政治の幼稚さをぼやきます。(笑)

「人は何をしたかではない、何のためにしたのか」 だね。

  NHKの世論調査では、自民党支持率が民主党の4倍以上と高い割に、実績や手法の評価が低い。
 なんか政策と言うよりも、無難な方を選ぶ選挙になる感じですね。
 強行を嫌い保革伯仲を望むが、民主党政権で痛い目にあったし停滞も嫌い、やはり勝ち馬に乗りたいという感じでしょうか。
 しかし、望まれるのは、全体を見渡せるバランス感覚だと思います。そして、忙しい時期の短期決戦だから、従来の「オレたちの方が良いぞ!」よりも「国民の痛みを和らげる為に助けて下さい」の方が、人助けと正義のDNAが有る日本人に伝わり、投票へ足を運ぶと思います。
 政権批判の票だけを当てにする選挙では、野党は勝てないと思いますが、何か良い方向へ向かうビジョンが加われば、良い戦いになると期待したいです。

 追伸
 以前、映画の『剱岳』で「人は何をしたかではない、何のためにしたのか」という言葉が心に響きました。
 目先の言葉よりも、大事なものが見えるような気がします。

広告を非表示にする