読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近代化した民主主義へ

選挙、電子投票などについてを語り、政治の幼稚さをぼやきます。(笑)

投票しても無効になる白票の行方

 有権者が投票受付を済ませてから投じる白票は、投票率にはカウントされますが、投票の効力のある票としてはカウントされません。

 まあ、本人の意思で投じる訳ですから仕方ないですね。

 しかし、同じ無効投票でも「どの候補者について書いたのか確認できない投票」は、有権者が投票したい候補者の普段から親しんで呼んでいるあだ名などを書いても、候補者が通称名を申請していないと、折角の付託した票が無効になります

 私が電子投票で投票所従事者を経験した時に、高齢のご婦人が電子投票をするまえに氏名掲示板で確認したところ、「○○さん(あだ名)が居ない」と驚いていました。

 何でも自由に書ける手書き投票と、決められた候補者を選ぶ電子投票の違いは、機械的な事よりも、正確という当たり前の仕組みが有るか無いかです。

 

blogos.com

広告を非表示にする